大島交流拠点施設(仮称)

 島民や観光客の賑わいと憩いの空間づくりを行うため、大島交流拠点施設(仮称)の建設を予定しています。

 人口約230人の大島は、どこか懐かしいゆっくりとした時間の流れるところです。現在、島内には来訪者が自由に滞在できる施設が無いことから、島のシンボルとなり、観光客と地元の人たちがふれあえる機能を持ち、島の自然や風景を生かしたイベントの開催や島での暮らしの情報発信の拠点にもなる交流拠点施設を整備したいと考えています。


【大島交流拠点施設(仮称)デザイン設計競技】最優秀作品決定!

詳細は八幡浜市HPをご覧ください。↓↓


建設予定地について

建設予定地は、定期船から降りてすぐの場所(赤枠)です。

島の玄関口となるため、今後はこの場所を島のシンボルとして「にぎわい創出」を行なっていきます。




現地360°ビュー(建設予定地周辺)

写真を「上下左右」と操作することができますので、写真をドラッグしてみてください。

※スマホではうまく見られない可能性がございます。見られない場合はPCでご覧ください。

■海側の道より

■山側の道より

■建設予定地中心より

目線(約165cm)の高さから見た現地写真です。

波返しブロックがあるため、直接海を眺めることができません。


現地写真(建設予定地周辺)

定期船から

埋立地から

埋立地から


海側の道より

海側の道より

海側の道より


若宮神社下より

山側の道より

山側の道より


定期船から降りた位置

現在の待合所

若宮神社下より


山側の道より海を望む

海側の道より埋立地を望む


建設予定地より目線(約165cm)の高さで海を望む



大島における風・波の影響について

交流拠点施設予定地では、季節によって(特に冬季)は風を強く受ける場所にあります。動画を参考にしてください。

(動画は台風時のものですが、風向について参考になると思います。)


お問い合わせ先

八幡浜市 産業建設部 建設課 都市デザイン室

〒796-0292 愛媛県八幡浜市保内町宮内1番耕地260番地

TEL:0894-22-3111 (内線2211)

FAX:0894-37-2646

E-mail: design-oosima@city.yawatahama.ehime.jp